ビックカメラはポイント還元率が高い!公式通販サイトはこちら>>

NP-RL05の悪い口コミや評価!NP-RY05との違いは?

NP-RL05 口コミ

象印の炊飯器「NP-RL05」の口コミが知りたい!

2018年1月に発売された「象印極め炊きNP-RL05」は、象印の圧力IH炊飯ジャー『極め炊き』シリーズの機種のひとつです。

「炊き分け圧力」機能を搭載し、すしめしやカレーなどの要素に合わせて食感を調整することができます。

また、硬めのごはんが苦手な方向けの「やわらか」メニューもあり、玄米や雑穀米も炊けるので、幅広く使えます。

このように色々な魅力がありながら、価格はさほど高くないこともあって人気を集めている機種です。

なお、「象印極め炊きNP-RL05」の炊飯容量は0.09~0.54L、色はブラウン(NP-RL05-TA)とホワイト(NP-RL05-WA)の2色です。

そんな「象印極め炊きNP-RL05」について調べてみると、悪いレビュー、口コミはあまり見当たりませんでした。

一方で、おいしく炊ける、デザイン・使い勝手が良い、といった良いレビュー、口コミが圧倒的に多く見つかりました。

同時期に発売されたNP-RY05との違いや、機種の特徴などについても調べてみたのでご紹介します。

それでは、詳しく見ていきましょう。

象印極め炊きNP-RL05の悪い口コミ

象印極め炊きNP-RL05についての口コミやレビューブログから、悪いレビュー、口コミを調べてみました。

  • ボタンを押した時と炊き上がりの音楽がうるさい
  • 長時間保温するとごはんが黄色っぽくなる
  • 炊いたときゴムの臭いがする
  • やわらかめが好みだが、いつも硬めになっておいしく炊けない
  • 普通のIHとの違いが感じられない
  • 洗う部品が多くて大変

NP-RL05には炊飯を開始する時や炊き上がった時にメロディーが流れる「お知らせメロディー機能」があります。

このメロディーの音が大きい、うるさい、といった口コミが複数ありました。

ちなみに、メロディーはブザー(炊飯開始は「ピッ」という音、炊飯終了は「ピー」の音が5回)やサイレント(炊飯開始は「ピッ」という音、炊飯終了は音なし)に切り替えることもできます

また、長時間保温すると黄色っぽくなる、ゴムの臭いがするといった口コミも複数見受けられました。

それ以外は少数意見でした。

象印極め炊きNP-RL05の良い口コミ

NP-RL05

次に、象印極め炊きNP-RL05の良いレビュー、口コミを調べてみました。

おいしく炊ける

  • もちもちした食感でおいしい
  • ふっくら、もちもちのごはんになる
  • 圧力IHのためか、とてもおいしく炊ける
  • 艶の良いごはんが炊ける
  • おいしく炊けるのでごはんを食べる頻度が増えた
  • 1日保温してもおいしい
  • うるつや保温は時間が経ったと感じさせないほどおいしく保温できる

もちもちでおいしいごはんが炊けるという口コミが多数ありました。

保温してもおいしく食べられるようです。

デザイン・使い勝手が良い

  • ブラウンの色が高級感がある
  • 見た目も使い勝手も良い
  • デザインや色が部屋にマッチする
  • コンパクトで使い勝手が良い

色、デザインも高評価で、使い勝手も良いという口コミが目立ちました。

コスパが高い

  • 値段がそれほど高くない
  • 低価格なのにおいしく炊ける
  • 値段の割においしいごはんが炊けるのでコスパが高い

値段については、「低価格」という口コミや、とても安いわけではないものの、値段の割にはおいしく炊けるといった口コミがありました。

その他

  • 使い勝手が良い
  • 説明書を見なくても操作できる
  • モードがたくさんある
  • 掃除が簡単

使い勝手についてもプラス評価がされていました。

象印極め炊きNP-RL05のレビューブログの評価

象印極め炊きNP-RL05のレビューブログは現時点では見当たりませんでした。

見つけ次第、こちらでご紹介します。

NP-RL05とNP-RY05との違いは?

NP-RL05 口コミ

NP-RY05は、NP-RL05と同じ2018年1月に発売されました。

2つの機種の違いは、内釜の種類、炊き分け圧力、うまみプラスプラチナコート、うまみ圧力蒸らし、蒸気セーブの有無です。

  • 内釜の種類は、NP-RY05は「プラチナ厚釜」、NP-RL05は「黒まる厚釜」です。黒まる厚釜は標準的な内釜なのに対して、プラチナ厚釜は、プラチナを使用していることでお米の芯まで水を浸透させたり、熱を通したりすることができます。
  • 炊き分け圧力は、NP-RY05は「すしめし」「しゃっきり」「ふつう」「もちもち」の4通り、NP-RL05は「すしめし」「しゃっきり」「ふつう」の3通りです。
  • うまみプラスプラチナコート、うまみ圧力蒸らし、蒸気セーブは、それぞれNP-RY05にはありますが、NP-RL05にはありません。炊いているときの蒸気が気になる方には、NP-RY05をおすすめします。

 

 

NP-RL05の特徴

NP-RL05 口コミ

象印極め炊きNP-RL05の特徴をご紹介します。

炊き分け圧力が3通り

  • 炊くときに圧力をかける時間を調整して食感を炊き分け
  • 食感は「すしめし」「しゃっきり」「ふつう」の3通り

保温選択が2種類

  • 「うるつや保温」と「高め保温」からお好みで保温方法を選択
  • 30時間保温してもおいしく食べられる「うるつや保温」
  • あたたかいごはんに保ちたい方向けの「高め保温」

「やわらか」メニューを搭載

  • やわらかめのごはんがお好みの方向けの「やわらかごはん」メニューを搭載

お米の栄養も考慮

  • 炊飯前にじっくり吸水させる「熟成炊き(白米・玄米)」機能を搭載
  • お米の栄養素を引き出し、甘み成分もアップ
  • 「健康米メニュー」で雑穀米、玄米、金芽米も炊ける

NP-RL05を最安値で購入するならAmazonか楽天市場がおすすめ

最後に、NP-RL05を最安値で購入するなら、Amazonか楽天市場がおすすめです。

価格は時期によって変動するので、買う時に最安値ショップを検索してみてくださいね。

まとめ

象印極め炊き「NP-RL05」についてご紹介しました。

普通の白米以外にすしめしやカレーなど、メニューに合わせて炊けるので便利ですね。

炊きたてはもちろん、保温してもおいしく食べられるようで、口コミでも高い評価となっていました。

家電アドバイザー kumi

炊飯容量が3合までなので、一人暮らしや少人数の世帯の方におすすめします。