ビックカメラはポイント還元率が高い!公式通販サイトはこちら>>

MRO-TW1の悪い口コミやレビューブログの評判!SV3000との違いも

ヘルシーシェフMRO-TW1 口コミ

ヘルシーシェフの口コミをまとめてみました!

日立から発売されている、人気電子レンジ「ヘルシーシェフ」。

その中でも今回は、2017年7月に発売された、容量30LのMRO-TW1という機種について紹介します。

レビューブログ等で口コミや評判を調べていたところ、自動温めのオートメニューに悪い口コミが集中していました。

詳しく見ていきたいと思います。

詳しい動画はこちら↓

日立MRO-TW1の悪い口コミはオートでの温めが不完全なところ

 

ヘルシーシェフMRO-TW1の悪い口コミを調べてみたところ、以下のような口コミが見つかりました。

  • オートでの温めが不完全。自分が望む温度に温まらない。
  • 背面と上部が熱くなるのですき間をあけて置かなければならない
  • サイズが大きく、置く場所に困る
  • メニュー番号が見づらい

特に多かったのが、自動温め機能(オート機能)がうまく使えないというところでした。

「魚やお肉をオートメニューで焼いてみたけど生焼けだった」
「飲み物や汁物など、オートメニューで温めても自分が望む温度に温まらない」

などなど、仕上がりの温度の予測がちゃんとできていないのでは?という口コミが目立ちました。

家電アドバイザーkumi

自動温め機能にもう少し改善の余地がありそうですね。

あとは、サイズや本体が熱を持つという問題点もありますが、

ここは買う前にきちんとスペースを確保しておけば問題なさそうです。

日立MRO-TW1の良い口コミは静かでパワフルなところ

 

では逆に、ヘルシーシェフMRO-TW1の良い口コミはどのような点が挙げられるのかも調べてみました。

  • ファンの音が静かで調理中うるさくない。
  • パワフルで、温めが早い。
  • 2品同時解凍ができ、きちんと温まる。
  • 消臭機能が付いていて、魚を焼いても臭くない。
  • 鰆、鮭など魚が炭火に近いようなおいしさに仕上がる
  • 野菜の下茹でがおいしく簡単にできる
  • パンやお菓子の焼きムラがほとんどない

悪い口コミより、良い口コミの方がたくさん見つかりました!

とにかくパワーが十分にあるので温めが早く、高温での調理が必要なお菓子類も上手に焼けるようです。

自動温め機能について、不満の声も多かったですが、問題なく使えているという声も同じくらい見つかりました。

家電アドバイザーkumi

オートメニューでの調理は魚やお肉の大きさや、味付け、気温にもよるのかもしれませんね!

日立ヘルシーシェフMRO-TW1でできること

それでは、ヘルシーシェフMRO-TW1ではどんな調理ができるのか?機能をご紹介します。

①食品の重さと表面温度を測り自動で調理してくれるオートメニューがある

ヘルシーシェフMRO-TW1 口コミ

 

焼き物、煮物、揚げ物、蒸し物、炒め物、汁物など、ありとあらゆるメニューが自動で調理することができます。

レンジと水蒸気、オーブン機能を組み合わせることにより、調理の難しいローストビーフや、時間のかかる煮込み料理も簡単にできちゃいます。

また、油で揚げないヘルシーな揚げ物もヘルシーシェフMRO-TW1だけでできます!

MEMO
ただ、こちらのオートメニューでの調理が評判がイマイチだったので、過度な期待はしない方が良いかもしれません。

②食品によってスチーム温め、2品同時温めなどができる

ヘルシーシェフMRO-TW1 口コミ

冷凍のお肉やお魚の解凍にはスチーム機能を利用して、ムラなく解凍することができます。

また、冷凍と冷蔵など、違う2品の食品を同時に温めてくれる「2品同時温め機能」もついています。

家電アドバイザーkumi

温度設定温めや、揚げ物温め機能など色々ついていますよ!

③最高300℃の熱風2段オーブン

ヘルシーシェフMRO-TW1 口コミ

パンやピザなどは高温で焼かないとおいしくないですが、

ヘルシーシェフMRO-TW1には最高300℃のオーブン機能がついています!

黒皿を2枚使用すれば、上下で2段同時調理もできるので、一度にたくさんのパンやお菓子を焼くことができます。

焼きムラが少ない様に、上下の黒皿に熱風がしっかり回るように作られています。

余熱時間も200℃まで4分50秒と早いので、すぐに使えるのが良いですね!

日立ヘルシーシェフMRO-TW1とMRO-SV3000の違いは?

MRO-TW1 MRO-SV3000違い

MRO-TW1とよく比較されるのが、MRO-SV3000。

この二つの機種は何が違うのかというと、

まずは庫内の容量。

MRO-TW1は30Lなのに対して、MRO-SV3000は33Lと少し大きめです。

後は最高温度300度に2段オーブン、どちらも加熱水蒸気オーブンレンジなので、そこまで大きな違いはありません。

細かい違いとしては、自動メニューの数や操作がダイヤル式とタッチパネルのみ、という違いがあるくらいです。

値段的にはMRO-SV3000の方が安いので、安い方が良いならSV3000をおすすめします。

MRO-TW1を最安値で買うなら楽天市場かAmazonがおすすめ

最後に、MRO-TW1を最安値で購入するなら、Amazonか楽天市場がおすすめです。

価格は時期によって変動するので、買う時に最安値ショップを検索してみてくださいね。

まとめ

ヘルシーシェフMRO-TW1はオートメニューでの調理がうまくできないという評判、口コミが多かったですが、

それと同じくらい「おいしく調理できる」という良い口コミも多かったので、オートメニューをそこまで頼りにする予定の無い人にはヘルシーシェフMRO-TW1はおすすめです!