ビックカメラはポイント還元率が高い!公式通販サイトはこちら>>

アイリスオーヤマサーキュレーター付き衣類乾燥機DDC-50の口コミ!DDD-50Eとの違いも

2017年12月に発売された「アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50」は、

サーキュレーター付きの衣類乾燥除湿機で、部屋干しの洗濯物が乾くまでの時間を短縮できる上、

サーキュレーターと除湿機それぞれ別々にも使うことができることなどから人気を集めています。

そんなアイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50について調べてみると、

部屋が暑くなる」などの悪いレビュー、口コミが見られました。

一方で、「すぐ乾く」「カラッと乾く」「部屋干し臭がしない」「使いやすい」といった良いレビュー、口コミが圧倒的に多く見つかりました。

良く似ている型番のDDD-50Eとの違いや電気代、機種の特徴などについても調べてみたのでご紹介します。

 

↓紹介動画はこちら


アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機(木造6畳/コンクリート造13畳まで)IRIS OHYAMA デシカント方式 DDC-50
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

 

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50の悪い口コミ

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50についての口コミやレビューブログから、悪いレビュー、口コミを調べてみました。

  • 部屋が暑くなる
  • サイズが大きめ
  • 高齢者には少し使いにくい
  • 取扱説明書がぐしゃぐしゃになっていた
  • タンクの水がすぐいっぱいになる
  • タンクの水を捨てるとき水滴が落ちる
  • 強にすると音がうるさい
  • 電気代が結構かかる
  • 水タンクを取り外したりサーキュレーターの角度を変えるのに結構力が必要
  • コードがもっと長いと良かった

 

使用中や使用後に部屋が暑くなるという口コミが複数ありました。

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿器DDC-50はデシカント方式の乾燥除湿機で、ヒーターの熱により乾燥した空気が出てくる仕組みのため、使用するとお部屋の中が暑くなります。

それ以外はいずれも少数意見でした。

タンクについては、仕様書によると室温20度、湿度60度の環境で、1日(24時間)あたりの除湿量は約5.0Lで、

タンクの容量は約2.5Lです。

したがって、使い続けると約半日でタンクがいっぱいになる計算になります。

なお、DDC-50のコードの長さは約1.6メートルです。

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50の良い口コミ

次に、アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50の良いレビュー、口コミを調べてみました。

すぐ乾いて満足

  • 洗濯物がきちんと乾いて大満足
  • 洗濯物がカラッと乾く
  • 梅雨の時期でもすぐ乾く
  • 除湿機とサーキュレーターでかなり早く乾く
  • サーキュレーターが効果的
  • ムラなく、臭いやシワもなく乾く
  • 部屋干し臭がしない
  • 自然な乾燥に近い

 

洗濯物がカラッと乾く、早く乾く、などの良いレビュー、口コミが多くありました。

部屋干し臭もなく乾くようです。梅雨の時期でも洗濯物がきちんと乾くのはとても嬉しいですね!

その他

  • 使いやすい
  • 金額に見合った商品
  • 手ごろな価格
  • 見た目がスッキリしていて場所をとらない

使い勝手については、高齢者には少し使いにくいという悪い口コミもありましたが、使いやすいという良い口コミもありました。

金額についてもだいたいの人が満足しているようです。

また、見た目についてもスッキリしているとプラス評価されていました。

 

家電アドバイザー kumi

洗濯物を外で乾かすと花粉や雑菌が付くのが気になる方が愛用しているようですね!

 

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50のレビューブログの評価

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50を実際に購入して使用した方のレビューブログは現時点では見当たりませんでした。

見つけ次第、こちらでご紹介します。

DDC-50とDDD-50Eとの違いは?

DDD-50Eは、DDC-50と同じく2017年12月に発売された機種です。

DDC-50とDDD-50Eとの違いは操作ボタン部分です。

DDC-50はフラット操作パネル式で各ボタンが丸く縁取りされたデザインですが、DDD-50Eはボタン式になっています。

画像はこちらです。

DDC-50 DDD-50E

 

ボタン部分のデザイン以外には2つの機種に違いはありません。ボタンがどちらでも良ければ、安い方を購入しましょう!

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50の電気代は?

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50の気になる電気代を計算してみましょう。

DDC-50の消費電力は590Wなので、1kWhあたりの電力料金を27円とすると、

1時間あたりの電気代は約16円(590/1000×27=15.93)です。

 

家電アドバイザー kumi

かなり安いので、電気代については心配しなくてもよさそうですね。

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50の特徴

DDC-50 口コミ

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50は、サーキュレーターを搭載した衣類除湿乾燥機です。

首振り機能が付いていて、上下方向の送風角度も変えられるので、お部屋の状況に合わせて広範囲に風を送ることができます。

サーキュレーターから乾いた空気が出てくるので、サーキュレーターの向きを調節して洗濯物に風を当てるようにすると効果的です。

DDC-50 口コミ

サーキュレーター、除湿機それぞれを単独で使用することもできますので、押入れ、浴室などの湿気・カビ対策にも役立ちます。

タイマーは、2時間、4時間、8時間と設定でき、12時間オートオフ機能もあります。

首振り機能は左右は50度、70度、90度、上下は水平~90度まで6段階です。

サイズは幅約28.7×奥行約23.4×高さ約64.0cm、重さは約7.8kgです。

DDC-50を最安値で購入するならAmazonか楽天市場がおすすめ

最後に、DDC-50を最安値で購入するなら、Amazonか楽天市場がおすすめです。

価格は時期によって変動するので、買う時に最安値ショップを検索してみてくださいね。

アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機(木造6畳/コンクリート造13畳まで)IRIS OHYAMA デシカント方式 DDC-50
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

まとめ

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DDC-50についてご紹介しました。

衣類乾燥除湿機にサーキュレーターも付いているので、洗濯物の乾きが早く、口コミでも良い評価がされていました。

梅雨の時期や花粉の時期など洗濯物を外に干せないこともありますので、部屋干しして臭いもなくカラッと乾くのはとても助かりますね。

サーキュレーターと除湿機をそれぞれ単体でも使用できますし、首振り機能やタイマーも付いているので、天気やお部屋の状況に合わせて使うことができて便利です。