ビックカメラはポイント還元率が高い!公式通販サイトはこちら>>

KJ-55X9000Fの悪い口コミやレビュー評価!寸法サイズや壁掛けは可?

KJ-55X9000F 口コミ

SONYのBRAVIAテレビ「KJ-55X9000F」の口コミが知りたい!

2018年6月に発売された「ソニーBRAVIA KJ-55X9000F」は、ソニーの4K液晶テレビ「X9000Fシリーズ」の最新機種です。高精細な4K画質で、ネット動画視聴にも利便性が高いことなどから人気を集めています。

そんな「ソニーBRAVIA KJ-55X9000F」について調べてみると、悪いレビュー、口コミは比較的少なく、デザイン、画質、ネット動画接続などについての良いレビュー、口コミが多く見つかりました。

それでは、詳しく見ていきましょう。

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの悪い口コミ

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの悪いレビュー、口コミを調べてみました。

  • 音質が悪いので別にスピーカーが必要
  • リモコンのアプリボタンにAmazonがない
  • リモコンの反応がワンテンポ遅い
  • レスポンスがやや悪いことがある(前機種よりは良くなった)
  • アップデート後の再起動やHDMI連動等が遅いことがある
  • 画面の四隅が少し暗い
  • 可もなく不可も無い、普通のデザイン
  • リモコンがダサい
  • 外部入力の2画面表示がなくなった
  • スタンドの高さが調整できれば良かった
  • 4Kテレビ放送のチューナーが内臓されていない

音質については、あまり良くないのでサウンドバーを使用しているという口コミがいくつかありました。

特に気にならないという方もいたので、感じ方は人それぞれのようです。

KJ-55X9000Fのリモコンには、hulu、U-NEXT、YouTubeなどのボタンがありますが、Amazonはボタンがなく、ホームから接続します。

Amazonをよく見る方からこの点が不便という口コミがありました。

また、リモコンの反応が少し遅いという声も複数ありました。

その他は少数意見です。

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの良い口コミ

KJ-55X9000F 口コミ

次に、ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの良いレビュー、口コミを調べてみました。

デザインが良い

  • スッキリしたデザイン
  • ベゼルが極薄
  • ベゼルが細く、画面がしまって見える
  • ベゼルがアルミで高級感がある
  • 奥行きが小さく、設置スペースを取らない
  • スタンドが数年前のT字からハの字型に変わり安定感がある
  • ハの字型のスタンドがかっこいい
  • コード類をスタンド裏に隠して配線できる
  • ハの字型のスタンドの間にサウンドバーをぴったり置ける
  • リモコンはシンプルなデザインで良い

ベゼルやスタンドのデザインについて、良いレビュー、口コミが多くありました。

スタンドはハの字型なので、サウンドバーを置くのにも適しているようです。

画質がきれい

  • 画質がとてもきれい
  • 有機ELとそん色ない画質
  • 高画質、宇宙、暗いシーンなどの黒い色もきれいに映る
  • 部屋の明るさに応じて画面の明るさが自動調整される
  • YouTubeがとてもきれいに映る

画質についての良いレビュー、口コミも多くありました。

暗い色もきれいに映るというプラス評価も多く見られました。

インターネット動画もきれいに映るようです。

ネット動画や映画を見るのに最適

  • ネットに簡単につながるのでゲーム、アニメ、映画を見るのに最適
  • アプリの動画再生が以前の機種より早くなった
  • 音質をシネマ・ミュージックにすると映画館のよう
  • 以前のモーションフローより良くなっている
  • インターネット機能が前機種より豊富になった
  • リモコンボタンにAbemaTVとYouTubeがある

リモコンボタンにhulu、AbemaTV 、YouTubeなどがあるのでインターネット接続が簡単にできて良いというプラス評価が多くありました。

応答性能については、やや悪いという口コミもありましたが、新技術X-Motion Clarityが搭載されたことで以前の機種より改善したと感じている方も多いようです。

その他

  • 音声入力ができる
  • 数年前の機種より音質がきれいになった
  • パソコン並みにたくさんの機能がある

音声入力ができることについても良い評価がされていました。

音質は悪いという口コミもありましたが、以前の機種より良くなったと感じている方もいるようです。

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fのレビューブログの評価

まだ発売から間もない機種のためか、ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fのレビューブログは見当たりませんでした。

見つけ次第、こちらでご紹介します。

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの寸法やサイズ

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの外形寸法は、幅122.8×高さ70.6×奥行き6.9cm、スタンドを含めると幅122.8×高さ77.1×奥行き26.8cmです。

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fは壁掛け可?

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fは別売りの壁掛けユニットを用いれば壁掛けができます。

KJ-55X9000Fに対応している壁掛けユニットはSU-WL820とSU-WL450の2種類あり、どちらも壁掛け用の部品をテレビの裏側とテレビを設置する壁などにネジで取り付けて使用します。

SU-WL820は、壁からテレビまでの距離を少し離したり、左右約10度の角度調整をしたりすることができます。

一方、SU-WL450は、角度調整機能は無く、テレビと壁の距離が短いので、すっきり、スタイリッシュに設置できます。

MEMO
こちらのページに壁掛け施工例などが紹介されています。
https://www.sony.jp/bravia/kabekake/

ソニーBRAVIA KJ-55X9000Fの特徴

KJ-55X9000F 口コミ

従来の機種より映像処理速度が向上し、高精細でなめらかな映像です。

また、シーンに合わせてLEDバックライトをコントロールする「直下型LED部分駆動」や、明るい部分をより明るくするなど明暗を調整する「X-tended Dynamic Range PRO」や「「X-Motion Clarity」などの機能を搭載し、暗いシーンでも明るいシーンでも美しく鮮明な映像となります。

さらに、「コマ数補間」や「HDRリマスター」「Super Bit Mapping 4K HDR」などの技術により、ノイズが少なくリアルで美しい色合いの映像を見ることができます。

KJ-55X9000Fを最安値で購入するならAmazonか楽天市場がおすすめ

最後に、KJ-55X9000Fを最安値で購入するなら、Amazonか楽天市場がおすすめです。

価格は時期によって変動するので、買う時に最安値ショップを検索してみてくださいね。

まとめ

ソニーBRAVIA「KJ-55X9000F」についてご紹介しました。

画像が美しく、迫力のある映像を楽しめます。スタンドはサウンドバーを置くのにも便利なデザインです。

ネット動画の接続も簡単なので、ネット動画、映画などをよくご覧になる方にもおすすめします。