全国のクラフトビールが自宅のサーバーで味わえる特別感♪DREAMBEER>>

日立 ヘルシーシェフ MRO-W1Yの口コミ!MRO-W1Xとの比較や違いは?

MRO-W1Y 口コミ

2020年に発売された日立のヘルシーシェフMRO-W1Yは、優れた機能を持つオーブンレンジとして話題を集めている製品です。

ただ温めるだけではなく、食品をより美味しく温めたり調理したりすることが出来る便利なオーブンレンジで、最近とても人気があるようです。

今回はそんなヘルシーシェフMRO-W1Yについて詳しくまとめてみました。

日立 ヘルシーシェフ MRO-W1Yの悪い口コミ

まず初めに、ヘルシーシェフ MRO-W1Yの悪い口コミについてです。

  • レンジの温めがうまく出来ない
  • 価格が下がらない

ごく一部ですが「レンジの温めが安定しない」という意見がありました。

MRO-W1Yのレンジ時最大出力は1000Wと、かなりパワーのあるレンジです。

何をどう温めるのにもよるのかもしれませんが、基本的には充分な温め機能だと言えます。

もし気になるようであれば、日立のサポートセンターに問い合わせてみるのも1つの手です。

次に、人気製品のためか「中々値段が下がらない!」という意見がありました。

しかし、他のメーカーに比べると日立は高性能でありながら比較的お手頃な価格となっています。

ポイントやキャンペーンなどを利用すれば、よりお得に購入することが出来るかもしれませんね。

 

家電アドバイザー kumi

悪い口コミよりも良い口コミの方が多く見つかりました!

 

日立 ヘルシーシェフ MRO-W1Yの良い口コミ

MRO-W1Y 口コミ

では、続いて良い口コミを見てみましょう。

  • 使い勝手が良い
  • お手入れが簡単!
  • 液晶が見やすい
  • Wスキャン調理が便利
  • 温めムラもなく快適!

以上のような口コミが見受けられました。

日常的に使うものなので、使いやすいという意見はかなりポイントが高いですよね。

ただ温めるだけではなく、MRO-W1Yに搭載されている便利な機能が多くの方から好評でした。

 

家電アドバイザー kumi

お手入れが簡単で使いやすいと評判です!

 

MRO-W1Yの特徴

日立ヘルシーシェフ MRO-W1Yの主な特徴を、以下にまとめてみました。

  • Wスキャン調理
  • 300℃熱風2段オーブン
  • 豊富な自動調理メニュー
  • 人気のレシピも簡単に出来る
  • お手入れ簡単

Wスキャン調理

MRO-W1Y 口コミ

食品の重さや温度によって加熱時間や火力を自動で調整してくれるのが「Wスキャン調理」です。

日立独自の技術でもあるこのWスキャン調理なら、どんな料理も美味しく適温に仕上がります。

解凍時にもその効果は発揮されます。

センサーが形状や重さを読み取り、スチームを取り入れて自動で火力を制御しながらムラなく解凍してくれます。

 

300℃熱風2段オーブン

MRO-W1Y 口コミ

予約時には庫内部の中心に熱を集中させて、早く予熱出来るように調整されています。

そして調理がスタートしたら、均一に熱が当たるようにファンの回転方向が自動で切り替わります。

そうすることによって庫内全体に熱が行き渡り、2段調理でもムラなく仕上げることが可能です。

 

豊富な自動調理メニュー

MRO-W1Yの自動調理メニュー数は、全部で242種類あります。

他のオーブンレンジと比較しても、かなり豊富なメニューが搭載されています。

オーブンレンジを使って色んな料理にチャレンジしたい!という方には嬉しい機能ですね。

 

人気のレシピも簡単に出来る

クックパッドで殿堂入りしたレシピや、食品メーカーとコラボしたメニューを「Wスキャン調理」を使って簡単に作ることが出来ます。

 

お手入れ簡単

  • 庫内部は大きめの30L
  • 自動お手入れモード
  • テーブルプレート取り外しOK

庫内部は30Lと広めになっているので、拭き掃除もラクラクです。

なお、MRO-W1Yには自動お手入れモードという便利な機能が搭載されています。

この機能はスチームで汚れを浮き上がらせてくれるので、汚れをより落としやすくなります。

定期的なお手入れにはこちらがぴったりです。

また、備え付けられてあるテーブルプレートは取り外しが可能となっています。

汚れを落としやすいセラミック製のプレートなので、掃除がしやすいこともポイントです。

手軽にお手入れができるので、庫内部を常に清潔を保つことが出来ますね。

 

家電アドバイザー kumi

日立独自のWスキャンや豊富な自動メニューなど、嬉しい機能がたくさん付いていますね!

 

MRO-W1YとMRO-W1Xの違いは?

MRO-W1Yによく似た製品で、MRO-W1Xという製品があります。

MRO-W1Xは2019年に発売されたモデルで、MRO-W1Yは2020年の新モデルとなっています。

見た目には2つの製品に大きな違いは見受けられませんが、性能についてはどうでしょうか?

  • レシピ数 (新モデル MRO-W1Y 287種類 / 旧モデル MRO-W1X 275種類)
  • 自動メニュー数 (242種類 / 224種類)
  • Wスキャン調理の数 (193 / 174)
  • クックパッド殿堂入りレシピ (40 / 30)
  • 食品メーカーとのコラボレシピ (20 / 0)
  • ヘルシーメニュー数 (49 / 50)
  • スピードメニュー数 (67 / 69)

以上が異なる点です。

基本的な使用については同じですが、メニュー数が変わった、ということですね。

新たに追加されたレシピや、厳選させた上で減ったレシピなどもあります。

中でも、食品メーカーとのコラボは斬新です。

味の素やカゴメ、キッコーマンにキューピーとのコラボで、自宅にあるそれらの調味料で作ることが出来るレシピが満載です。

どちらもレシピ数に多少の違いはありますが、機能性に大きな違いはないことが分かりました。

なので、もし最新の機種が良い方であればMRO-W1Y、価格を優先したいという方にはMRO-W1Xがおすすめです。

 

MRO-W1Yを安く購入するならAmazonか楽天市場がおすすめ

  • ポイントが貯まりやすい
  • お得なセールがある

ポイントやセールなどを活用することで、実店舗よりもお買い得に購入することが出来ます。

また、Amazonや楽天市場はサイトが見やすい他レビューにも信頼性があるので、安心して買い物が出来ると好評です。

 

まとめ

いかがでしたか?

ヘルシーシェフ MRO-W1Yがあれば、色んな料理を手軽に作ることが出来そうですね。
レシピには人気の時短メニューなども豊富に用意されているので、忙しい方には特に重宝しそうです。

日立のオーブンレンジは全体的にコストパフォーマンスが良いので、機能性と価格を重視する人にぜひおすすめしたい製品です。