ビックカメラはポイント還元率が高い!公式通販サイトはこちら>>

エコバックスロボット掃除機DEEBOTの口コミ評判!2020年人気機種は?

DEEBOT 口コミ

エコバックスロボット掃除機DEEBOTの口コミが知りたい!

「エコバックス床用ロボット掃除機DEEBOT」は、エコバックス社(ECOVACS)から発売されているロボット掃除機です。

ゴミを集めて吸引する機能はもちろん、機種によっては水拭きや乾拭きもできたり、お部屋の間取りを記憶したり、スマホで操作できたり、と多彩なラインナップで人気を集めています。

この記事では、そんな「エコバックス床用ロボット掃除機DEEBOT」の人気機種をご紹介します。

また、エコバックスの特徴や、機種の絞込み方、キャンペーン情報などについても調べてみたのでご紹介します。

それでは、詳しく見ていきましょう。

↓購入はこちら↓

エコバックス床用ロボット掃除機DEEBOTの口コミ

DEBBOTにはかなりたくさんの機種があるので、口コミも膨大なのですが、

その中からいくつかピックアップしてみたのでご紹介したいと思います。

  • おもちゃや散らかっている物を避けて掃除してくれる
  • 2cm程度のマットレスは乗り越えてくれる
  • 安いわりに性能が良い
  • ゴミが良く取れる
  • ルンバより賢い
  • コードに引っかかり止まる
  • サポートが不誠実

賛否両論の意見がありました。

故障していない人の満足度としてはとても高く、価格が安いのに性能が良いことや、
きちんと障害物を避けてくれたりするところが高評価でした。

ただ、故障後のサポートに不満を感じている人もいるようで、

修理してもまた違う不具合が出てしまう・・という方もいらっしゃるようです。

家電アドバイザー kumi

意見は賛否両論あるけど、1万円代で買えるロボット掃除機はなかなかないので、一度ロボット掃除機を試してみたい!という方におすすめかも!

エコバックス床用ロボット掃除機DEEBOTの人気機種(2020年)

エコバックス床用ロボット掃除機DEEBOTの人気機種をご紹介します。

2万円代

①N79N79

DEEBOT N79は、基本的な機能が搭載されている機種です。

V型メインブラシとローラー、4種類の掃除モードでお掃除します。スマホ操作にも対応しています。

ECOVACS DEEBOT N79 ロボット掃除機 フローリング/畳/カーペット掃除 静音&強力吸引 Wi-Fi接続 アプリ制御
ECOVACS

②MINI

MINI

DEEBOT MINIは、縦横の長さがそれぞれ27cmというコンパクトサイズです。

小型なので狭い場所のお掃除に向いています。モップがついているので乾拭きもできて、ホコリをしっかりと取ることができます。

ECOVACS 床用ロボット掃除機 モップ付 DEEBOT MINI 【国内正規品】 DK560
エコバックスジャパン(Ecovacs Japan)

③OZMO 615

501

オズモシリーズは、ゴミの吸引と水拭きを一度にこなすことができます。

DEEBOT OZMO 615は、タンクの水を適度に吸い上げてお掃除してくれます。

スマホでお部屋ごとに水量を調整することもできます。

また、別売りの専用アクセサリーを使用すれば、メインブラシ無しでダイレクト吸引にすることができますので、髪の毛が多いときなどもきっちりお掃除できます。

【細菌除去率99%】ECOVACS DEEBOT OZMO 615 床拭きロボット掃除機 フローリング/畳/カーペット掃除 水拭き対応 モップ付け 自動拭き掃除 Alexa対応 スマホ連動
ECOVACS

④501

501

DEEBOT 501は、吸引力や掃除モードをお部屋に合わせて変えながらお掃除できます。

吸引力は通常吸引の倍まで高めることができます。

掃除モードは「オート」のほか「壁際掃除」や「スポット掃除」モードがあります。

3~4万円代

①M88

M88

DEEBOT M88は、ゴミを集めて吸い込んだ後に、乾拭きや水拭きをすることができます。

吸引力は、「標準」のほかにしっかりお掃除できる「強力」の2パターンから選べます。

②901

901

DEEBOT901は、レーザーでお部屋の間取りを測って記憶することができます。

それにより最適なコースを自動的に設定したり、お掃除してほしくない場所を指定したりできます。

スマホアプリも使えるので、外出先でも掃除モードの設定などが可能です。

③OZMO 610

OZMO 610

DEEBOT OZMO 610は、水量を調整しながら水拭きができるオズモシリーズの機種です。

吸引口の切り替えも可能なので、お部屋に合わせたお掃除ができます。

エコバックス ロボット掃除機 (プラチナホワイト)ECOVACS DEEBOT OZMO610(ディーボット オズモ610) DD4G
ECOVACS

5万円代

①900900

DEEBOT 900は、お部屋の間取りを記憶できるマッピング掃除、2パターンの吸引力変更、メインブラシの有無による吸引口切り替えなど、

モップ機能以外のすべての機能が搭載されている機種です。

 

②OZMO 901OZMO 901

 

DEEBOT OZMO 901は、大容量250mlの水タンクがついているので、広い範囲の水拭きをすることができます。

マッピング掃除も可能で、alexaにも対応しています。

DEEBOT

③OZMO 930

OZMO 930

DEEBOT OZMO 930は、水量調整水拭き、マッピング掃除、ランダム掃除などに対応しています。

カーペットを認識できるので、水拭きのときはカーペットを避け、掃き掃除のみのときはカーペットで吸引力を強力にすることも可能です。

エコバックス ロボット掃除機 (チタンブラック)ECOVACS DEEBOT OZMO 930(ディーボット オズモ930) DG3G
ECOVACS

 

家電アドバイザー kumi

Amazonや楽天の販売ページに行くと、それぞれの機種の口コミが見れるので参考にしてみてくださいね!

エコバックスの本社は中国

エコバックスは、中国江蘇省に本社を置く企業です。

設立からまだ20年ほどですが、家庭用の床掃除ロボットや空気清浄機などの分野で急成長しています。

なお、現在、日本には東京にエコバックスジャパンがあり、日本でも売り上げを伸ばしています。

 

家電アドバイザー kumi

本社は中国ですが、サポートの電話やメール等はエコバックスジャパンと日本語でやり取りできるので、心配なさそうですね!

 

 

エコバックスDEEBOTの特徴

それでは、このエコバックスDEEBOTシリーズの掃除機にはどんな特徴があるのか、詳しく見て行きたいと思います。

①水拭き機能

エコバックスの床掃除ロボットは、ゴミを集めたり吸引したりするだけではありません。

いくつかの機種にはモップがついていて水拭きが可能です。

機種によって、水量を調整しながら水拭きする「水量調整水拭き」や水拭きと乾拭きの組み合わせでお掃除できます。

②乾拭き機能

乾拭きができる機種もあります。

本体前方のブラシで掃き掃除をしたあとに、本体後方のモップで乾拭きすることで、床がきれいになります。

③高性能マッピング搭載

高性能マッピング機能がついている機種では、レーザースキャンでお部屋の間取りをロボットに記憶することができます。

記憶した間取りはスマホで見ることができ、ロボット掃除機が入らないようにしたいところを設定することもできます。

また、間取りに応じて最適な掃除コースを自動的に判断するので、効率的にお掃除できます。

どれを買うか悩んでいる人は公式サイトの絞り込み機能がおすすめ

エコバックスDEEBOTはとにかく種類が豊富で、どれを買えばいいのか分からない・・という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、公式直営ストアのサイトで絞り込み機能を使って選ぶ方法がおすすめです。

エコバックス 公式サイト
https://store.ecovacs-japan.com/

 

DEEBOT 口コミ

まず、ページ上部の「商品一覧」をクリックします。

床掃除ロボット」を選びます。

すぐ下にある「もっと詳しく探す」で欲しい機能を選ぶか、キーワードを入力して「商品をさがす」をクリックします。

家電アドバイザー kumi

自分が欲しい機能にチェックを入れて探すとあなたにピッタリな機種が見つかりますよ!

 

↓購入はこちら↓

エコバックスDEEBOTは公式サイトからの購入が断然おすすめ!

DEEBOTはAmazonや楽天でも売っていますが、保証や特典の面から考えると公式通販サイトからの購入が断然おすすめです。

公式通販サイトから購入した場合

・全商品2年間保証
・修理後90日間無償対応サービス
・最短3日で修理
・送料無料(10,000円以上購入)

公式通販サイトから購入した場合は手厚いサービスが受けられます。

 

家電アドバイザー kumi

万が一故障してしまった時のことを考えると、公式から買った方がよさそうですね!

 

↓購入はこちら↓

まとめ

エコバックス床用ロボット掃除機DEEBOTについてご紹介しました。

機種はたくさんありますが、公式サイトで欲しい機能を絞り込めば簡単に選ぶことができそうです。

時々キャンペーンもあるのでぜひ最新情報をチェックしてください。